眉毛ケア

眉毛が生まれつき薄い悩みを解消!眉密度を増やすための3つの対策

美眉コンシェルジュの松藤です。

生まれつきの眉毛の薄さは強いコンプレックスですよね。写真やプリクラを撮っても「眉毛、ないじゃん!!」という悲しい経験をしたことがある人も多いはず。

他人の立派なフサフサ眉毛と見比べて、ネガティブになることもあるんですよね。

そこで今回は、眉毛の薄さや少なさに生まれつき悩んでいる人でも実践できる眉密度を増やすためにできることを紹介します。

眉毛が薄いお悩み!本当にこれって生まれつき!?

ハテナを浮かべる赤ちゃん

突然ですが自分の眉毛の薄さや少なさは、本当に生まれつきなのでしょうか。

もちろん、子供の時からずっと悩んでいたのならそうかもしれません。でも、ほとんどの人が小さな頃の記憶って覚えていないし、子供はもともと体毛自体がそれほど成長していないですよね。

両親も眉毛が薄ければ遺伝の可能性もありますが、どちらかと言えば生活環境が似ているので、後天的にコンプレックスを抱えてしまったという方が正しいです。

自分は「生まれつき薄いから…」と諦める必要はありません。後天的な悩みなら正しいケアで、凛々しい眉毛を手にできるんです。

眉毛がこんなに少なくなったのは何が原因!?

鏡を見て悩む女性

普通に生活していただけなのに、何故こんな悩みを持つようになったのでしょうか。その理由は大きく以下の6つに分類されるんです。

  1. 剃りすぎや抜きすぎ
  2. 栄養不足
  3. ストレスによる血行不良
  4. 日々の生活習慣
  5. 加齢の影響
  6. 毛穴が詰まっている

日々の生活習慣の中で、知らないうちに栄養が足りずに眉毛の成長を阻害したり、毛穴を詰まらせる間違ったスキンケアが悩みの元になっているんです。

たった1日だけなら影響は小さくても、日々の積み重ねが蓄積されて眉毛が育つ環境がどんどん損なわれてしまいます。

他にもセルフケアで毛根に傷を付けた、ホルモンバランスや毛周期の乱れにも要注意です。

詳しくはこちらの記事で紹介しているので、参考にしてみましょう。
https://grabiness.jp/contents/eyebrow-care/thin-countermeasure/

生まれつき眉毛が薄くても毛穴と毛根があれば生えてくる

目元を虫眼鏡で拡大

もし、本当に生まれつき眉毛が薄くても、毛穴と毛根があれば諦める必要はありません。

顔全体にはうっすら産毛が生えていますよね。これは、皮膚に毛穴と毛根が存在しているからです。

つまり、眉毛だって毛穴と毛根があれば、生まれつきの薄さや少なさに悩んでいたとしても生やすことができるんです。

<毛穴について>
毛穴が塞がっていると、眉毛が生える場所を奪ってしまいます。

皮脂詰まりや洗顔料の洗い残しが要注意です。女性であれば、アイブロウメイクの落とし忘れや不十分なクレンジングにも注意が必要です。

眉毛付近は洗顔もクレンジングも目元や頬などに比べて手抜きしがちなので、丁寧なスキンケアを心がけましょう。

最近は眉用シャンプーなども販売されているので、生える場所を清潔に保ち、毛穴をスッキリさせておくことも大切です。

<毛根について>
毛根のダメージは眉の成長を阻害します。生えてこない、伸びない、すぐ抜けるなどで毛周期を乱してしまうんです。

毛根のダメージを修復するのは根気が必要ですが、継続した正しいケアで再び元気な状態に戻せます。

抜きすぎや剃りすぎなどの過剰なセルフケア、ゴシゴシ顔を拭く、痒くて掻くなどの肌ダメージになる行為は眉毛の毛根に大きなダメージになるため十分に気を付けましょう。

元々眉毛が薄い人におすすめ!眉密度を増やす対策

眉毛マッサージを受ける女性

毛穴や毛根が生まれつきなければ対策は難しいですが、紹介してきた通り、子供のころからの生活習慣、毛穴詰まり、毛根のダメージ等による後天的なものが原因のケースが多いです。

ただ、眉毛が生えている土台のお肌は、他の部位と比べても皮膚が硬めですよね。乾燥した固い土壌では植物が育たないように、眉毛も皮膚が固ければ成長しにくいです。

そのため、3ヵ月から1年くらいは根気よくケアを続けましょう。長い期間で大変だと感じるかもしれませんが、ケアの方法はとても簡単です。

継続するうちに美意識が高く感じられてきて、意外と続けられます。

眉育に良い食生活を送る

眉毛の密度を増やすために大切なのは、毎日の食事から摂取する栄養素です。

普段の生活の中では、意識しないと栄養が偏りがちになるので、毎日の献立には工夫を凝らしましょう。

美眉づくりに効果的な栄養素は「たんぱく質」「亜鉛」「ビタミン類」「葉酸」「鉄分」「硫黄」です。これらをバランスよく摂取できるメニューを選べば、眉育に良い食生活を送れます。

こちらの記事に、どんな食べ物にどの栄養素が多く含まれているか紹介していますので、毎日の食事の参考にしてください。
https://grabiness.jp/contents/eyebrow-care/eyebrows-nutrition-food/

食事の栄養バランスが整えば血液の巡りも良くなるので、これまで不足していた栄養も眉毛の毛根に届きやすくなり、成長を促せるようになります。

毎日の食事で栄養バランスを整えることが難しければ、サプリメントで不足した栄養素を補うように心がけましょう。

眉毛の血行促進マッサージ

血行促進マッサージは身体の隅々にまで酸素や栄養分を運ぶために大切です。

栄養の多くは身体が元気でいるために使われていて、眉毛のような体毛に行き渡るのは一番最後になります。そのため、栄養バランスが整っていても血行が悪ければ眉毛を生やすこともできないんです。

次の手順で眉毛をマッサージして、血行を促進しましょう。

<手順1>
ホットタオルで目元と眉毛を覆うように1分間あてましょう。

じんわり温かく気持ちが良いだけではなく、血管が広がりやすくなるので、眉毛の成長に必要な栄養素が行き渡りやすくなります。

手順1_ホットタオルを目元にあてる

<手順2>
下図のように人差し指、中指、薬指の3本を使って、眉毛周りのお肌を指圧マッサージします。筋肉をほぐすように、片方1分間を目安にじっくり行いましょう。

手順2_眉毛の指圧マッサージ

<手順3>
最後に血液の流れを意識しながら、内側から外側に向かって眉毛をなぞります。こすりつけるような強い力ではなく、爪を立てずに指の腹で優しい力加減で行いましょう。

これを10往復繰り返しましょう。

手順3_眉毛を指でなぞる

眉毛美容液を使ったデイリーケア

眉毛美容液を使えば、角質層まで直接栄養を与えることができるんです。有効成分が毛根が受けたダメージの修復に働きかけてくれるので、眉の成長促進には欠かせません。

眉毛を生やしていくためには、毛根の働きを活性化させてあげることが大切です。そのため、子供のころからずっとコンプレックスを抱えているのなら、必要不可欠なデイリーケアです。

眉毛美容液を取り扱う各メーカーの使用方法によりますが、1日2回の利用がおすすめです。毎日の習慣にするために、次の手順でケアを取り入れましょう。

<手順1>
洗顔をしてお肌を清潔な状態にします。届けたいところに有効成分を浸透させるためにも大切なことです。

特に眉毛付近は皮脂詰まりを起こしやすいので、丁寧な洗顔を心がけてください。

<手順2>
眉毛美容液を適量塗布します。化粧水を普段から使う人は化粧水の後に使います。

<手順3>
化粧水のうるおいや眉毛美容液の有効成分を閉じ込めるために、できるだけオイルやクリームを使って蓋をしましょう。

↓↓↓おすすめの眉毛美容液はこちら↓↓↓
https://www.for-my.jp/Landing/Formlp/grebs002.aspx

最後に

眉毛の生まれつきの薄さに悩んでいても、できる対策があります。そのためにも、眉毛が生えるための毛穴を塞がないことと、毛根へのダメージを与えないことを意識しましょう。

その上で眉育におすすめの食生活を送ったり、血行促進マッサージを習慣にしたり、眉毛美容液で直接デイリーケアを行っていくことが大切です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP