眉毛ケア

眉毛が目尻や眉頭の半分だけ薄い!密度を増やして見栄え良くする方法

美眉コンシェルジュの松藤です。

眉毛の悩みの中でも、目尻や眉頭の半分だけが薄くて困っている人は意外と多いんです。中には片方だけが薄くて困っている人もいるのではないでしょうか。

濃さや密度にムラがあってまばらになり、形の悪さも目立つんですよね。

それに、まろ眉みたいに言われると心は思った以上にダメージを受けるんです。

そこで今回は、不格好に見えてしまう部分的な眉毛の薄さを対策する方法を紹介します。

眉毛が半分だけ薄いのは何が原因!?

考える男女

全体的ではなく外側や内側、片方の眉毛だけという一部分の薄さにお悩みなら原因はある程度絞られるんです。

それが「一部だけの過剰なお手入れ」「普段のスキンケアの癖」によるものです。

一部だけの過剰なお手入れによるもの

眉尻をもう少し細く見せたい、外側にちょっとだけ出た毛を1本だけ抜く。お手入れの度に、このような繰り返しをした記憶はありませんか?

過度なお手入れは、毛根やお肌にダメージを与えるので、炎症を起こすケースが多いです。お肌も毛根も健康的な状態にしておかないと、眉毛も成長してくれません。

眉毛の生え方は人ぞれぞれで、誰にでも理想の形がありますよね。

生え方と理想とのギャップが過剰な眉毛のお手入れに繋がり、眉頭や目尻側の半分だけが薄くなることがあるんです。

それに、何度も抜くと「この部分には眉毛が必要ない」と毛根が勘違いして生やさなくなることもあります。

普段のスキンケアの癖によるもの

男性、女性に関わらず、日頃からスキンケアに励む人は多いと思います。洗顔や化粧水、クレンジングを使ったメイク落としなどです。

例えば洗顔なら、目頭付近はしっかり洗うけど、目尻側は洗い残しが多い。片方の眉だけ洗顔料が洗い流せていないなど、その人独特の癖があります。

癖による洗い残しが毛穴を詰まらせ、眉毛が生える場所を奪うことも。これはクレンジングでも同じことが言えます。

内側や外側、片方の眉毛だけが薄いのであれば、普段のスキンケアの癖を見直してみましょう。

部分的お悩みなら「抜きすぎや剃りすぎ・毛穴の詰まり」のことが多いです。ただ、他に理由があることも考えられます。こちらの記事も参考にしてみましょう。
眉毛が薄い悩みを撃退!6つの原因と対策方法を紹介

番外編!その人独特の日常の癖によるもの

誰にでも指摘されないと気が付けない癖があります。これが原因になっていることもあるので、無意識にやっていないかチェックしてみましょう。

強く搔いている

行き詰ったときやストレスを抱えた時に、イライラや不安感を抑えるために、ポリポリ眉毛を掻く人がいます。掻き方が問題で、利き手側の眉毛だけなど、部分的に掻いてしまう癖を持つ人もいます。

掻くこと自体が良くないですが、一部だけ肌や毛穴がダメージを受けてしまい、抜けたり生えなくなったりするんです。

自分で抜いている

眉毛の密度が高い部分や1本だけ伸びたものがあると、抜きたくなりますよね。癖だから同じ場所ばっかり弄ってしまい、半分だけ薄い状態になることも。

眉毛が一部だけ薄くても、間違ったNGケアには注意!

○と×を持つ女性

不格好な眉毛に恥ずかしさを感じると、推奨されない自力の対策に走る人がいます。正しいケアなら良いですが、間違った対策をすると余計に強いコンプレックスを持つことも。

眉毛の全剃りはしないこと

半分だけ薄いのなら、思い切って「眉毛を全剃り」するのは間違ったNGケアです。

普通のアイブロウメイクでも難しいのに、部分的に薄いので余計に難易度が高いですよね。そんな時に、眉メイクのしやすさを優先して全部剃ってしまう人がいるんです。

男性だと眉メイクの習慣が根付いていないですが、悩みが大きい人はやりがちなので注意が必要です。

それに、全部剃ることで肌のバリア力も低下するため、肌荒れしやすい環境にもなります。毛穴を健やかに保ち、自眉を綺麗に生やしていくためにも全剃りするケアは控えましょうね。

前髪で隠すのもおすすめではない

髪の毛には目に見えないような埃や汚れも付いていて、肌荒れしやすくなるのです。ヘアワックスなどの整髪料を付けているのなら、油分で毛穴を詰まらせたり、菌の繁殖を招くこともあるんです。

眉毛の薄さを解消しにくい環境を自分で作ってしまうので十分に注意が必要です。

それに表情が乏しく見えたり、相手に暗い印象も与えてしまい、ニキビなどもできやすくなってしまいます。

そのため、眉毛を前髪で覆うように隠すのもできれば控えた方がよいです。

眉毛の半分だけ薄くなった部分の密度を増やす方法

男性の眉毛ケア

男性でもアイブロウメイクをする人は増えているし、最近は性別に関わらず専門サロンで眉エクをする人もいますよね。

だけど化粧で隠すのは根本的な解決ではないし、専門サロンに行くのも施術の値段が高い上に定期的に通う必要が出てきます。

そこで、最もおすすめできる方法が「眉毛専用美容液」を使ったお手入れです。

↓↓↓おすすめの眉毛美容液はこちら↓↓↓
https://www.for-my.jp/Landing/Formlp/grebs002.aspx

◎眉毛美容液の使い方
毛穴の詰まりを解消させるために、洗顔やクレンジングをいつも以上に丁寧に行い、スッキリとした状態で使いましょう。

普段のスキンケアの癖を見直すきっかけにもなるし、効果を最大限に発揮するためにも大切なポイントです。

◎眉毛美容液の塗り方
薄さが気になる箇所だけではなく、眉毛全体に美容液を塗りましょう。

眉密度が少ない所は、塞がっていた毛穴から新しい眉毛の成長を促進させることができます。眉密度が高い所はすでに毛穴から生えているので、濃さのバラつきがなくなっていきます。

それに、全体的に塗ることで美容成分がハリや艶を生み出し、美眉に近づいていくんです。

◎眉毛に刺激を与えず、なるべく触らないことが大切
眉毛が生える毛穴を健やかに保つためにも、できるだけ触らないようにしましょう。

タオルでゴシゴシ顔を拭いたり、雑なスキンケアは逆にダメージになることも。

爪を立てて掻いたり、不衛生な状態で触ると効果実感も鈍くなるので、刺激を与えないように意識することが大切です。

最後に

眉毛の内側や外側、片方だけのように部分的に薄い状態であれば、原因も限られてきます。ただ、他の理由でお悩みに繋がっていることもあるので、眉密度の少なさを引き起こす行為はできるだけ控えることが大切です。

眉毛美容液を使うときは気になる箇所だけではなく、全体的に塗布してコンプレックスを解消させていきましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP